現在の閲覧者数:

ハチ北の牡丹の花が見ごろです。2016年05月15日

ハチ北の薫華園さんの牡丹の花が見ごろです。
新緑の中に、
赤、白、黄色の牡丹の花が映えています。
牡丹の次はシャクヤクの花、
お盆前にはハスの花が楽しめます。
ハチ北のゲレンデが一望できる小高い丘に咲いています。

■ハチ北のマセンジョウさんが栽培している薫華園さんの牡丹です。

ハチ北の牡丹の花





 ハチ北高原スキー場 よなごや
 http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm


ハチ北ポールウォーキングのお知らせ!2013年08月19日

ハチ北温泉の9月10月のイベントのお知らせです。

ハチ北には素敵な山があーる。

山ガールトレッキング会が開催されます。

9月7日(土)8日(日)

10月5日(土)6日(日)

集合時間は、AM8:30

スタートは、AM9:00

集合は、ハチ北温泉湯治の郷

参加費は、1名3,000円で、トレーナー付き、食事付き(手打ちそば)、入浴付き、

です。

日帰りでのご参加も出来ますが、ご宿泊でのご参加もお待ちしております。

是非お越し下さい。

各日限定20名様ですのでお早めに!



ハチ北 山ガール

ハチ北 山ガール

ハチ北  よなごや (兵庫:但馬)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

猿尾滝へ!2013年08月17日

納涼を求めて次男(将康)と猿尾滝へ!

真下から落差60mの滝を眺めると迫力がありました。

日本の滝百選の「猿尾滝」で水しぶきを浴びて

酸化する体を中和するマイナスイオン効果により、

精神安定、疲労感の緩和が図られたような感じでした。



■クリックすると拡大します。


■上段の滝は荒々しい男性的な滝です。
日本の滝百選「猿尾滝」

■下段は優しい岩肌で女性的な滝です。





■猿尾茶屋で一休みです。



ハチ北  よなごや (兵庫:但馬)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

第1回姫ボタル瀞川トレイル30kでした。2013年07月14日


ハチ北周辺は、1000m級の山々に囲まれた自然美豊かな環境です。

起伏に富んだ山々を30km駆け巡るトレイルランがはじめて開催されました。

大会前日は、高原の湿原地帯に姿をあらわす姫ボタルを鑑賞し、

翌日は、その場所を見下ろしながら瀞川平の馬の背を走ります。

高低差700mと、とても過酷なレースだったようです。

おとまりいただきましたお客様です。



■広島県からお越しいただきましたチームSAT様の皆様です。
  この度はお泊りいただきありがとうございました。

チームSAT様 広島県

■村下様です
SAT 村下様
■末永様です
SAT 末永様

■杉本様です
SAT 杉本様
■管様です
SAT 管様
■長谷川様です
SAT 長谷川様
■高砂様です
SAT 高砂様
■岡崎様です
SAT 岡崎様


■兵庫県太子町からお越しいただきました尾西様です。
  村岡ダブルフルウルトラランニングにもお越しいただいております。
 いつもお泊りいただきありがとうございます。
姫ボタルトレイル 尾西様

■長崎県五島からお越しいただきました平田様です(所属:五島市陸協)。
  九州からお越しいただき、お泊りいただきありがとうございます。
姫ボタルトレイル 平田様

■大阪市からお越しいただきました中野様です(所属:大阪RC)。
  この度はお泊りいただきありがとうございました。
  
姫ボタルトレイル 中野様

■大阪府堺市からお越しいただきました乾様です。
  富士山麓を一周するトレイルラン(160km)に参戦されたようです。
  お泊りいただきありがとうございました。

姫ボタルトレイル 乾様

■大阪市からお越しいただきました村田様です。
  お泊りいただきありがとうございました。
姫ボタル 村田様

姫ボタルトレイルラン

姫ボタル瀞川トレイルラン

姫ボタル瀞川トレイルラン

選手の皆様お疲れ様でした。

過酷なコースであったかと思いますが、来年も是非お越し下さい。

お知らせ・・・・2013.10.20
         OSJ氷ノ山山系トレイル30マイルが開催されます。
        氷ノ山やハチ北周辺の山々を駆け巡る大会です。
  


      

ハチ北の宿 よなごや(兵庫:但馬)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

鉢伏山2013年05月26日

鉢伏山や周辺地域には、
「こっとい(牡牛)岩」、「みろく岩」、「大亀岩」、「牛伏岩」、「陰陽石」などの不思議な形をした岩があります。
今は、北壁終点リフト真下にありますが、
開発前は、北壁山頂の周辺に点在しており、
小学校の遠足では、
ススキの海原の中で岩を探しあってていました。

■瀞川・氷ノ山林道の野間峠付近からの鉢伏山の遠望。

■野間峠に向かって、管理道路が整備されています。

■林道よりハチ北の民宿街を見下ろす。
ハチ北の民宿街

■ホンダフュージョンで鉢伏山登山口まで移動。

■午後3時上り始めます。


■20分で鉢伏山の祠に到着しました。


鉢伏山の祠

■鉢伏山山頂(1221m)から氷ノ山(1510m)を望む
氷ノ山を望む

■北壁山頂
鉢伏山山頂

■北壁山頂から鉢伏山を望む

■北壁リフト終点に集められた神岩霊石の陰陽石。
陰陽石

■龍頭石です。
 鉢伏山が龍の頭で、龍宮神社のやぐら岩が、龍の尾っぽと言われる所以でしょうか。
龍頭岩

■牡牛岩です。
 牛の蹄の形がある不思議な岩です。
牡牛岩

■真上から見ると良くわかります。

■神代文字石です。
神代文字石


■山の山頂ですが、どの岩も水が流れたような跡が残っています。
 不思議な岩です。

■以前点在した位置を示しています。
 規則正しく自然に配列されていたようです。

■鉢伏山は、180万年前の火山噴出によって作られた。
 山頂付近の奇岩、巨岩は鉢伏山安山岩と呼ばれている。

■北壁より瀞川平を望む。

鉢伏山は、大古は日本海底の最深地点、龍宮の大黒柱の立っていたところで、地殻の大変動によって爆発隆起し、現在のお山が形造られたものである。
お山全体がご神体で、山頂から山すそ一帯にかけて無数に点在する神岩霊石には一々深い謎が秘められておる。
あげ龍宮館りゅうぐうやかた奥の宮となるところである。と言われています。
大本信徒連合会さまより転記させていただきました。

ハチ北の宿 よなごや(兵庫:但馬)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

ハチ北周辺をぶらり。2013年05月25日

5月のハチ北周辺をバイクでぶらり。

田植えの終わった水田。


ふじの花を羽織った杉の木。
ふじのはな

但馬高原植物園

但馬高原植物園


かつらの千年水




和池の大かつらの木です。
日量500tの湧き水は、年間10℃の水温です。




兎和野高原のレンゲツツジです。
兎和野高原


テントサイト

レンゲツツジです。


ハチ北の宿 よなごや(兵庫:但馬)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

林道で一息!2013年05月14日

天気は快晴、

次男はハチ北周辺の瀞川・氷ノ山林道へチョイ乗り。

林道沿いの山小屋で一息。

皆様、林道へ行きましょう!

御待ちしています。








ハチ北




ハチ北  よなごや (兵庫:但馬)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

但馬牛の放牧場風景2013年05月11日

新緑の放牧場で但馬牛が草を食んでいます。

香美町小代区神水の大照放牧場です。

放牧は、母牛の足腰を強くし、

元気な子牛を出産します。

人も牛も良い環境によって、良く育つのですね。





但馬牛の放牧風景


但馬牛の放牧風景


みかた残酷マラソンコースで見ることが出来ます。
但馬牛も応援します。

ハチ北  よなごや (兵庫:但馬)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

ハチ北のミズバショウ!2013年05月04日

今朝のハチ北の春風景です。

鉢伏山には残雪が残っています。

ハチ北の春


白樺の周りには水仙が咲いています。
ハチ北のすいせん

山桜と水仙と新緑のコントラストが綺麗です。

ハチ北の大沼湿原から野間峠を望む。
大沼湿原

ハチ北の小沼湿原に咲いているミズバショウです。

ハチ北みずばしょう
終盤戦を迎えています。
ハチ北みずばしょう

標高1221mの鉢伏山を望む。
鉢伏山

鉢伏山登山口です。
鉢伏山登山

林道の端っこは残雪があります。

氷ノ山1510mを望む。
氷ノ山を望む

残雪で覆われた氷ノ山です。
氷ノ山

ハチ北のゲレンデ周辺はあちらこちらで、
春が息づいています・・・・・。

ハチ北  よなごや (兵庫:但馬)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

生野銀山と竹田城跡散策。2013年03月20日

南但馬の観光地、生野銀山と竹田城跡を散策しました。


生野銀山」は大同2年(807年)に銀が出たと伝えられ、


室町年間の天文11年(1542年)には但馬守護職・山名祐豊(すけとよ)が銀石を掘り出したのが起源。


自然銀を多く含む日本最大の鉱脈が見つかり、銀山旧記には、“銀の出ること土砂のごとし”と記されている。


その後、織田信長・豊臣秀吉の直轄時代を経て、慶長5年(1600年)徳川家康は、


但馬金銀山奉行を配置、佐渡金山、石見(いわみ)銀山と並び天領として徳川幕府の財政を支えてきた。


享保元年(1716年)には「生野代官所」が置かれ、生野銀山は第三代将軍・家光の頃に最盛期を迎え、

月産150貫(約562kg)の銀を産出。

■生野銀山です。


生野銀山













生野銀山から約20分車で走り、映画「あなたへ」のロケ地の「竹田城跡」へ。

標高353.7メートルの山頂に位置する竹田城跡。

嘉吉年間(1441-43年)に但馬の守護大名・山名宗全が基礎を築いたとされ、

太田垣氏が5代にわたって城主となる。

織田信長の命による秀吉の但馬征伐で天正8年(1580年)に落城。

最後の城主・赤松広秀が豪壮な石積みの城郭を整備した。
竹田城








ハチ北から約1時間です。

但馬(たじま)地域は歴史ある観光地が沢山あります。

是非お越し下さい。




ハチ北  よなごや (兵庫:但馬)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm