現在の閲覧者数:

竹田恒泰氏講演会でした。2017年01月23日

香美町でTV番組「そこまで言って委員会」にご出演の
竹田恒泰さんの講演会がおこなわれました。
演題は「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか 」でした。
納得し、楽しく面白い公講演でした。

ハチ北の宿 よなごや(米子屋)
ホームページ http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/

松阪牛と近江牛の視察でした!2012年11月25日

第63回松阪肉牛共進会へ、

香美町和牛振興会の皆様と一緒に松坂へ視察に行って来ました。

但馬牛の子牛は、

松阪牛の素牛としてお買い上げをいただいておりますので、

とても大切なお客様です。


■第63回松阪肉牛共進会がベルファームで開催されました。



■出場頭数50頭でその中で美方郡産の牛は、15頭です。



■審査を行い順位を決定します。

■審査終了後、牛市が行われます。

■購買者の方々です。
  ダチョウクラブの寺門ジモンさんも25番で登録されておられました。


■寺門ジモンさんです。
寺門ジモン

■最高落札額は、株式会社朝日屋さんが二千二百万円で落札いたしました。
 (優秀賞1席の深瀬 晃さんの「けいこ号」20年12月24日生(肥育日数1134日)血統、照一土井)


■最高落札者の方へ花束が贈られれます。

■第53回大会(平成14年11月28日)は最高落札額5千万円だったようです。

 
■松阪肉やホルモンが販売されており、七輪の炭焼きでいただきます。

■ホルモンと焼肉のセットです。

■青空の下では、食も話も進みますね。

■子牛価格の上昇を祈願しに?皆さんそれぞれの思いを胸に・・・・
  伊勢神宮へお参りをしました。
伊勢神宮






■夕食は、松阪牛のお店「一升びん宮町店」さんへ。



■プリプリしたホルモンでした。


■特選松阪牛です。


● ● ● 2日目 ● ● ●


■滋賀県大中湖で、繁殖・肥育の一貫経営(70頭)を行っている後藤牧場さんと木下牧場さんを視察させていただきしました。
  但馬牛のお買い上げをしていただいておりますので、美方郡も大変お世話になっております。

■昭和49年稲作転換事業で整備した乳牛の牛舎を
  和牛経営に切り替えて、牛舎の改造を行い、子牛の生産から肥育牛にして出荷する経営にしたようです。


■妊娠した牛にあまり手を掛けないようにするための理想としていた
  屋根付放牧場牛舎を手づくりで実現されたようです。  


■牛ふんを取り除く手間が省けるようです。






■牛肉ジャーナルのポスターに「木下牧場」さんがポスターとなったようです(事務所に飾れていました)。

■昼食は、後藤さん御夫妻と、肉の取引をされおられるティファニーさんでしゃぶしゃぶです。


■近江和牛の定義は但馬牛を主母とし、一代後輩にて優秀近江牛繁殖母体による生産牛である・・・とあります。
近江牛の定義

■商標登録もされておられます。


松阪牛

全国に但馬牛の血統が行きわたり各地で和牛の改良が行われてきました。

2日間の松阪、近江の研修で、但馬牛の生産者の方々や、

購買者の方々の色々なお話をお聞きしとても勉強になりました。


ハチ北  よなごや (兵庫:但馬)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

ハチ北防犯・防災会でした!2012年11月04日

スキーシーズンを前に、ハチ北の防犯と防災の研修会が開催されました。

8時30分にハチ北地区内の緊急放送により、隣保ごとに指定された避難所に移動し、

点呼をとって、人数確認をします。

消火栓による消火訓練を行い、ハチ北会館に集合しました。

兵庫県美方警察署、美方広域消防署よりお越し戴き研修講話をしていただきました。


■指定された避難所に集合します。

■消火栓で放水訓練をします。



■ハチ北会館に集合。

■班長は人員報告を行います。



■ハチ北防犯・防災会の講演会がはじまります。


■美方警察署の小林警部補様、福岡駐在所の湯浅巡査部長様です。


■美方警察署福岡駐在所 湯浅巡査部長様
  空き巣にあわによう戸締り、必ず鍵をかけることなどの講話です。

■美方警察署生活安全課 小林警部補様
  本物の警察手帳を参加者全員にまわして、偽者には気をつけることを教えていただきました。

警察手帳




■美方広域消防本部 田中様
 防災に関するあいさつ。

■美方広域消防本部 西本様
  サラダ油を使った明かり。 空き缶と、ティッシュペーパーにアルミを巻き芯を作り点火。

■A4サイズの紙を三角に折って、サランラップを中に入れると簡易紙コップとなります!

■平成16年の豊岡市の水害時の講話をしていただきました。

■美方広域消防本部 松元様
 AEDの操作方法と、心肺蘇生の説明。

■胸骨圧迫30回
 胸の真ん中を圧迫
 強く(少なくとも胸が5cm沈み込むまで)
 早く(少なくとも1分間に100回のテンポ)
 絶え間なく(30回連続)
 圧迫と圧迫の間は力を抜く(胸から手をはなさず)

■心肺蘇生を行うときは手をこのように組みます。

■上手く出来ると音が鳴ります。



■各班の代表が出て心肺蘇生の練習を行います。







■屋外に出て水消火器による消火訓練を行います。



■写真は、許可無くアップしておりますお許し下さいね!

























■消防団による本格的な放水です!

■水利が浅かったので、吸管が動いて、中々水が上がらなかったようです・・・・。

■出ました!

■異常なし!?

■区長さんへ報告です。

■訓練の後は、婦人会の皆様による炊き出しの豚汁とおにぎり。
  そして、オードブルとビールで慰労します。



■おつかれさまでした!

ハチ北高原スキー場  よなごや (兵庫:但馬) 
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

長崎の第10回全国和牛能力共進会に行って来ました!2012年10月28日

第10回全国和牛能力共進会が長崎のハウステンボスで開催されました。

5年に一度の和牛のオリンピックで、全国から480頭が出品されます。

美方郡からは、5頭で香美町からは4頭の出場です。

雄牛の部の若雄 第1区 「久福芳山号」 中井幸夫(勝)氏 新温泉町飯野

雌牛の部の若雌 第2区 「こうふく361号」 上田伸也氏 香美町村岡区宿

雌牛の部の若雌 第3区 「はなふく号」 井上哲也氏 香美町村岡区熊波

城崎郡の系統牛群の第4区 「おくふく号」 淀 貴至氏 香美町村岡区丹生地

枝肉の去勢肥育の第9区 「長福号」 上田伸也氏 香美町村岡区宿



■第10回全国和牛能力共進会出品頭数 ●クリックすると拡大します。
全共一覧

■JAたじまの全共応援・視察バスでいざ長崎へ!
  10月27日(土)午前5時香美町村岡区福岡のハチ北口バス停で乗車しました。
  応援団は、農家に方6名、JA理事6名、JA職員6名、県町関係機関7名の計23名。

■全但バスで揺られながら、

  朝食の弁当と昼食の弁当をバスの中で戴きました。

  みやげ用のカステラの試食がバスで配られ、注文用紙もセットされています。

  なるほど・・・・・。

■朝食ですが量が多いかんじ。
 
■昼食が出されました。
  二段弁当ですので、狭いバスの中ではバランスを取るのが難しいですね。

■長崎ハウステンボスの会場に到着したのが、午後3時30分頃。

 約10時間30分の長旅でした。

 長崎は雨と聞いていたので途中で傘を購入しましたが、

 到着した頃は上がっていました。

 歌にありますが、 「長崎は今日も雨だった」・・・但馬も長崎も雨がよくふるのでしょうか?


■兵庫県の応援団の帽子をかぶり迷子除けと、連帯感アップ!





■モーモー博物館

■家畜改良事業団


■審査会場に入る前に消毒が行われます。

■午後3時20分から 和牛審査協議会の表彰式が行われていました。

 少し前の午後2時頃、功労者表彰が行われていました。

 上田伸也氏が全国和牛能力共進会に何度も出場されたことで表彰を受けられたました。

 また、第1日目の10月25日(木は、宮様の御台覧牛として兵庫県の代表として選ばれ、

 常陸宮殿下・妃殿下御覧頂いた際、兵庫県は但馬牛ですね。と声をかけられ、牛を触られたようです。




第10回全国和牛能力共進会 長崎

■第4区の2部の審査です。

 残念ながら、1部の審査は終了していました。

 第4区は城崎和牛育種組合で「とら系(城崎系)」の4頭1セットの中に、

 香美町香住区の丹生地の淀貴志氏の牛の「おふく号」が出品されていました。
 
 とら系・・・昭和5年4月3日、兵庫県城崎郡香住町(香美町香住区)に生まれ、城崎の和牛改良に

 貢献した系統で「よし蔓」と関係が深い牛。城崎系統の維持・再構築を加速していくことが期待されています。 






■到着前の10月27日(金)の午前中、

  若雌の第3区 井上哲也氏の「はなふく号」

  城崎系統群の第4区 淀貴志氏の「おくふく号」の審査が行われました。
                     
  ●クリックすると拡大します。
   (平成24年10月28日の日本海新聞さんの記事より記載させていたさきました)

■牛舎訪問をします。

■井上哲也氏とJAたじま尾崎専務



■上田伸也氏(妻美幸氏)、淀貴志氏(右端)







■大会に備えて、牛を調教する場所です。



■視察・応援1日目を終えて、長崎から宿泊地の佐賀県嬉野市の「和多屋別荘」さんへ移動。
嬉野温泉 和多屋別荘



■JAたじま津崎常務あいさつ
嬉野温泉 和多屋別荘


嬉野温泉 和多屋別荘

                      
●    ●  ●  ●

■視察・応援2日目    平成24年10月28日(日)





■午前9時から若雄の第1区 中井幸夫(勝氏)の「久福芳山号」が出場しました。
中井幸夫氏


■中井幸夫氏(勝氏)の結果は1等6席でした。

 優等1席は「光星号」大分県農林水産研究指導センター、

 2席は、「絹美継」岩手県農業研究センター畜産研究所、

 3席は、「茂晴23号」長崎県肉用牛改良センターでした。
 
 どの牛も兵庫の美方の血統が入っており改良されています。
 


■若雌の部 第2区の上田伸也氏の「こうふく361号」の登場です。
第10回全国和牛能力共進会 長崎

■審査の前の最終の仕上げをします。
第10回全国和牛能力共進会 長崎

■審査員が集まり審査が開始されます。
第10回全国和牛能力共進会 長崎

■審査員から前に出るよう指示があり、第3ステージへと上がっていきます。







●クリックすると拡大します。


■第2区の上田伸也氏の結果は、惜しくも優等6席で全国で6位でした(優等は8席まで)。

  肩から胸の体系が美しく肉付きも良いことから、審査員特別賞の「前躯(ぜんく)賞」を受賞しました。 

 おめでとうございます。

  優等1席は、「とみの3号」宮崎県日南市の松本範子氏、

 2席は、「みゆき号」宮崎県小林市の森田直也氏、

 3席は、「はな号」鹿児島県薩摩郡の羽子田ひとみ氏

 でした。
 
第10回全国和牛能力共進会 長崎

■特別賞の「前躯賞」も受賞しました。
第10回全国和牛能力共進会 長崎



●クリックすると拡大します。
第10回全国和牛能力共進会 長崎


上田伸也氏 長崎の全国和牛能力共進会



■新聞社さんや、同行していたJAの広報誌リレーション(Relation)のインタビューです。

■12時で研修・応援を終えて、10時間30分かけて帰ることにします。



■長崎県佐世保市の和泉屋大塔インター店で昼食
和泉屋大塔インター店






■前日のバスの中で注文していたお土産の品が、インターで渡されました。
  なかなかいいシステムですね~!
  家についたのが午後11時50分頃でした。






上田畜産さんのHPのブログの速報(全共の詳しい内容が掲載されていますので御覧下さい)
  によりますと、 第4区の城崎和牛組合出品の4頭1セットの部は(淀貴至氏)
  城崎とら系、優等賞6席と特別賞「骨味賞」を受賞されたとのことです。
 


■第3区の井上哲也氏は優等賞15席でした。

■この写真は上田畜産さんのブログより掲載させていただきました。


■全国和牛能力共進会 若雌2区 優等6席と特別賞を獲得!
 平成24年10月29日の日本海新聞社さんより掲載させていただきました。
 ●クリックすると拡大します。
第10回全国和牛能力共進会 長崎

第10回長崎全共の美方郡の結果は、

雄牛の部の若雄 第1区 「久福芳山号」 中井幸夫(勝)氏(新温泉町) 1等6席受賞

雌牛の部の若雌 第2区 「こうふく361号」 上田伸也氏(香美町)  優等6席と、「前躯賞」の特別賞を受賞

雌牛の部の若雌 第3区 「はなふく号」 井上哲也氏(香美町)  優等15席を受賞

城崎郡の系統牛群の第4区 「おくふく号」 淀 貴至氏(香美町) 優等6席と「骨味賞」を受賞

枝肉の去勢肥育の第9区 「長福号」 上田伸也氏(香美町)    優等23席を受賞

おめでとうございます!

第9回の鳥取全共では、第3区で優等8席(上田伸也氏)、

総合評価群の4頭1セットでの第7区は優等2席でした。


■平成24年10月30日(火)の全共フィナーレの記事です。
 日本海新聞社さまから掲載させていただきました。
 フィナーレの式典が終了すると、2区の上田伸也氏の牛の毛並み等触れるなど皆さんが集まられたようです。
 ●クリックすると拡大します。

■平成24年11月4日の日本海新聞社の記事を掲載させていただきました。
  地元長崎の五島和牛育種組合関係者が一斉につぶやいた。
 「わしらの牛が2Bの鉛筆なら、但馬牛は2Hの鉛筆で描いたよう。輪郭が鮮明だ」
 審査前日夕方の調教練習。今大会9部門中5部門を制した宮崎をはじめ、ライバル産地の関係者らが
 「良い牛がいる」と会場内で噂になった「こうふく361」を確かめようと人垣をつくった。
 などと掲載されています。
 ●クリックすると拡大します。

ハチ北高原スキー場  よなごや (兵庫:但馬) 
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

第94回兵庫県畜産共進会でした!2012年10月21日

兵庫県畜産共進会が加古川市加古川町の「日岡山公園」東広場で

開催されました。

94年の歴史ある大会です。

出場頭数は、

第1部の黒毛和種種牛は42頭、


第2部の肉牛は62頭(雌15頭、去勢47頭)、


合計104頭でした。

 
第94回兵庫県畜産共進会





第94回兵庫県畜産共進会

第94回兵庫県畜産共進会

香美町からは黒毛和種種牛の部で、4頭の雌牛が出場しました。

NO18  かつみ号   H23.4.22生  香美町小代区 吉岡芳彦氏

NO26 みやふく号 H23.3.25生  香美町村岡区 長瀬五一氏

NO34 たにひめ4号 H23.3.1生  香美町村岡区  上田伸也氏

NO40 たかなみ3号 H23.1.18生 香美町村岡区  森脇薫明氏

第94回兵庫県畜産共進会



第94回兵庫県畜産共進会



第94回兵庫県畜産共進会

第94回兵庫県畜産共進会

■名誉賞は、淡路市の冨永美明氏のみき号でした(写真手前)。

■上田伸也氏は惜しくも名誉賞を逃しましたが、最優秀賞1席(2番目)を獲得しました。
  「たけひめ号」と上田伸也氏です。



■優秀賞4席となった「みやふく号」と長瀬五一氏です。
第94回兵庫県畜産共進会

■優秀賞6席となった「かつみ号」と吉岡芳彦氏です。

■優秀賞の「たかなみ3号」と森脇薫明氏(息子さんの雄一氏)です。
第94回兵庫県畜産共進会

■種牛の部(雌牛)入賞成績表です。
第94回兵庫県畜産共進会結果



肉牛の部では、1頭の去勢牛が出場しました。
NO158 菊鶴山号 H22.2.5生   香美町村岡区 上田伸也氏






■肉牛の名誉賞となった神戸市の川西巌氏です。

■肉用の部で最優秀賞3席(4位)となった菊鶴山号と上田伸也氏(従業員さんの小林氏)です。


■肉牛の部(雌・去勢)の入賞成績表です。
第64回兵庫県畜産共進会結果

■表彰式です。


■優良素牛繁殖生産者表彰です。
  第170回 平成24年7月13日の神戸肉枝肉共励会で優秀な成績を出した肉牛の生産者を表彰します。
  香美町村岡区宿の上田伸也氏(奥さんの美幸氏)です。

■兵庫県知事感謝状授与です。
  優秀な県有種雄牛の生産に協力し、県の肉用牛の改良に大きく貢献された方、種雄候補牛を
  5頭以上生産した香美町小代区大谷の増田丹(あきら)氏です。

■黒毛和種種牛の部で最優秀賞1席(2位)となった香美町村岡区宿の上田伸也氏(息子さんの晃也氏)です。

■肉牛の部で最優秀賞3席(4位)となった上田伸也氏(従業員さんの田尻氏)です。

■万歳三唱です。

■臨時肉牛せり市場で肉牛が競り落とされます。


■名誉賞は401万円、最優秀賞3席の上田伸也氏は180万円でした。

10月26日~27日は和牛の全国大会が長崎県で開催されます。

香美町から4頭出場します。

2区(若雌の1 14~17ヶ月) 
   こうふく361号 (照也土井:美方郡系)H23.7.13生  香美町村岡区宿 上田伸也氏

3区(若雌の2 17~20ヶ月)
   はなふく号(福芳土井:美方郡系)H234.29生  香美町村岡区熊波 井上哲也氏

4区(系統雌牛群 14ヶ月以上 1セット4頭)
   おくふく(宮奥城:城崎郡系)H23.3.21生 香美町香住区丹生地 淀 貴至氏

9区(去勢肥育牛 24ヶ月未満の肥育牛)
   長福号(菊西土井:美方郡系)H22.11.18 香美町村岡区宿 上田伸也氏

好成績となることを祈念いたします!



ハチ北高原スキー場  よなごや (兵庫:但馬) 

「黒っこマザーズ」&「㈱やながわ」視察研修でした。2012年10月15日

6次産業化の視察研修で兵庫県西脇市の黒田庄町の企業組合の「黒っこマザーズ」さんの

取り組みと、春日町の「株式会社やながわ」さんのを研修してきました。




■企業組合「黒っこマザーズ」さんは、

JAみのり特産開発センター2階調理室を拠点に活動しています。

黒田庄町の黒をコンセプトに、

黒米を使った巻き寿司、黒豆入りマドレーヌ、クッキー、パウンドケーキ、

特産和牛のすじ肉を使ったコロ煮(17年度兵庫県知事賞受賞)、牛肉の昆布巻き、おかずみそ、

ちまきなどを独自に開発し、販売しています。



■JAみのり特産開発センター
JAみのり

■2階の会議室に案内されました。

■「黒っこマザーズ」さんの概要

黒っこマザーズ

■注文していた弁当を頂きました。
 包装は絵手紙風のイラストと歓迎の言葉とお品書きがあり、心温まる気遣いがありました。
黒っこマザーズ

■紫黒米で作った巻き寿司、栗ご飯、但馬牛肉、野菜の寄せ揚げなど
黒っこマザーズ




■1階ではJAみのりさんが牛肉等を販売しています。

■昨年の兵庫県畜産共進会で名誉賞となった牛肉を購入しておられました。



■黒っこマザーズの皆様です。ありがとうございました。


● ●  ● 次の視察場所へ・・・・ ● ● ●


■丹波市春日町の「株式会社やながわ」さんです。

■「株式会社やながわ」さん社長の柳川拓三さんです。
㈱やながわ

■特産品を使った商品化について、社長の情熱的なお話をお聞きしました。
  来年はお店を拡大させるそうです。


㈱やながわ

■工場の見学もさせていただきました。栗をむく作業がかなり手間がかかるようですが、
  加工した栗で付加価値をあげているようです。

■お店を広げ、カフェテラスをつくり、交流の場を設けて商品へお客様の声を活かしていくようです。
  隣接した土地、お店の拡張予定地です。
 山側にお寺があるので地域の活性化となるよう考えて行きたいとのことでした。

■一粒300円のマロングラッセです。


㈱やながわ

ハチ北高原スキー場  よなごや (兵庫:但馬) 
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

但馬牛のツメ切りです!2012年07月25日

但馬牛のツメ切りです。

牛の蹄(ひづめ)が伸びるので、定期的に蹄を切り、形を整えます。

蹄を切ることで、牛が安定した立ち方と歩き方に改善して、余分なエネルギーの消耗を抑えるようです。

また、加重のかたよりを防ぎ、苦痛が無くなり、蹄病の発生を抑えるようです。


■但馬牛のツメ切りです。
但馬牛のツメカリ

■ツメの間を切ります。



■周りの形を整えます。

■ツメの裏を切り取ります。



■ツメ切りを終えてスッキリした但馬牛です。

ハチ北高原スキー場 よなごや(米子屋) 
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

ありがとうございました。2012年07月19日

但馬高原植物園で、「香美町」と「兵庫県立人と自然の博物館」の共催により、

ひとはくジオセミナー in 香美町 「コケ植物を見てみよう」の研修会が、

7月19日(午前10時~14時30分)に行われました。

この研修に参加するため、大阪から吉田様がお泊りになられました。

吉田様は、以前コケの観察収集が趣味でしたが、最近仕事をおやめになったことを

きっかけに、コケの研究に情熱が湧き上がってきたとのことです。

今度は、奥様とご一緒に上高地に楽しい時間を過ごしに出かけられるようです。



■「コケ植物をみてみよう!」講師は兵庫県人と自然の博物館の「秋山弘之」主任研究員です。

■大阪からお越しいただきました吉田様です。

■湿原にある植物園ですので植性が豊です。
  但馬高原植物園は、山陰海岸ジオパークでも特に多様な植生が観察できる場所です。

■ルーペでコケを観察。

■但馬高原植物園のシンボルのかつらの木です。
  木の根にも沢山のコケが覆っています。
但馬高原植物園 かつらの木




コケは、全体を見て楽しむだけでなく、ルーペや顕微鏡で、葉や細胞のつくりを観察して

種類や名前を探す楽しみがあるようです。

とてもミクロな世界で神秘的ですね。

楽しみにしていたコケの観察会はいかがでしたか。珍しいコケに出会えたでしょうか?


■翌日の日本海新聞社様の記事を掲載させていただきました。
  お泊り頂きました吉田様のコメントがありました。


ハチ北高原スキー場  よなごや (兵庫:但馬) 
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

国崎クリーンセンターに行って来ました。2011年11月17日

香美町ごみ減量化推進会議の皆さんと兵庫県川西市国崎にある「国崎クリーンセンター」の視察研修

に行って来ました。

平成21年3月に完成した施設で、敷地面積が33.8ha  焼却施設棟12,450㎡

リサイクルプラザ棟9,370㎡ 管理棟1,670㎡のとても巨大な施設で、雨水や太陽光を取り入れ、

焼却熱で発電を行う等、地球温暖化防止に努めた施設でした。

国崎クリーンセンター













かなり早く到着し、昼休み中にであったにも関わりませずマイクロバスが玄関につくなり、
職員の方がとても丁寧に出迎えていただきました。
パワーポインターでの説明、施設内の案内等、わかりやすく、気持ち良く研修を受けることが出来ました。


ハチ北高原スキー場 よなごや(米子屋)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

ハチ北防犯・防災会が行われました。2011年11月13日

大笹区とハチ北観光協会の共催により、ハチ北の防犯と防災の研修会が開催されました。

スキーシーズンを前に、「防犯と防災意識を高め安全で安心な地域づくり」を目的として行われました。

ハチ北防犯防災会


■避難訓練  午前8時30分  
緊急放送の後、指定された避難所に集合し人数確認と安否確認をします。
ハチ北自主防災会

■人員報告
各班の代表者から大笹区長(田辺文夫様)に人員報告をします。
集合した区民はハチ北会館2階に移動します。

■防犯に関するお話
美方警察署 福岡駐在所 湯浅巡査部長様より、防犯ビデオの放映と講話が行われました。
湯浅巡査部長



■防災に関するお話
美方広域消防本部より田中様、諸道様、坂本様より消火器の有効期限、ドクターヘリの運行状況
AEDの操作方法、毛布担架の作り方等についてお話がありました。



■大笹区(ハチ北)で購入したAEDです。
ハチ北観光協会1階に設置しています。

AEDに心臓マッサージをプラスさせて人命救助をします。
1分間に100回の心臓マッサージを行います(1秒に1回より速く)。
2分間で200回マッサージを行い、呼吸があるか6秒間確認します。
ドクターが来るまで繰り返し行います。
交代要員が必要ですので、多くの方と手助けして行って下さい。
と説明がありました。
AED講習会


■大笹区(ハチ北)の購入した担架です。
救護者を担架にのせて移動する時は、足側を持っている人が移動する方が、
患者に不安を与えないようです。


■毛布担架です。
毛布の左右を丸めることにより持ちやすくなります。

写真左より、田中様、坂本様、諸道様です。有難うございました。

■婦人会の皆様による炊き出しが行われました。
おにぎりと豚汁です。購入したオードブルが机に並びます。


大笹(ハチ北)区民の懇談と交流会が行われます。

ハチ北高原スキー場 よなごや(米子屋)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm