現在の閲覧者数:

ハチ北温泉クリスマスコンサートでした!2011年12月21日

ハチ北温泉のクリスマスコンサートが行われました。

町内のバンドMother Tomb(マザー・トゥーム)さんによる2度目の演奏でした。


■ハチ北温泉 「湯治の郷」

■サンタさんより参加者の方々にプレゼントがありました。

■Mother Tomb(マザー・トゥーム)さん
 前垣信之さん(ギター)

 前垣 孝さん(ボーカル)、田野数也さん(ギター)、井上浩二さん(ギター)


クリスマスを前に、ハチ北にも空からの雪のプレゼントがありました。



ハチ北高原スキー場 よなごや(米子屋)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

ハチ北温泉でライブ!2011年11月24日

ハチ北温泉湯治の湯で、午後7時~8時30分の時間にアコースティックLIVEが行われました。

出演アーティストは、小代出身バンド MOTHER TOMB(マザー・トゥーム)でした。

■ハチ北温泉湯治の湯(席が一杯になっていました)

2011年11月24日の朝日新聞社の記事です。
但馬牛の廃牛舎からバンドが誕生 人気も上昇中!の20代のバンドグループです。
若さと音楽で地域を元気にしたい!と活躍されています。


■ハチ北温泉湯治の井上支配人によりMOTHER TOMB(マザー・トゥーム)が紹介されました。

写真左よりドラムの井上浩二さま、ボーカルの前垣 孝さま、ギターの前垣信之さまです。
前垣さまは、御兄弟仲良く、バンド活動で地域を元気にしようと活躍されています。

前垣信之さまです。
小代出身バンド MOTHER TOMB(マザー・トゥーム)

機器・楽器は会場の広さに合ったもので演奏されました。

ドラムの井上浩二さんです。


ボーカルの前垣 孝さまです。





ハチ北温泉湯治の湯でのコンサートは、はじめてのことでした。
音楽を通じて、湯の温もりと、木の温もり、人のぬくもりがコラボした一夜でした。



ハチ北高原スキー場 よなごや(米子屋)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

八幡山芸術祭でした。2011年08月27日

村岡区福岡の鎮守の森、八幡山神社の境内で第17回の「八幡山芸術祭」が開催されました。

兵庫県立村岡高等学校の吹奏楽部の演奏はとても素晴らしいものでした。
また、篠笛や太鼓キーボード、舞いなど、「COLLABO煌玲」(こらぼこうれい)の出演により

幻想的なコンサートでした。


第17回八幡山芸術祭のチケットとパンフレットです入場券500円(中学生以下は無料)。

八幡山神社の境内は、コンサート会場に変わります。

受付は、大笹区長さん・宿区長さん・和池区長さんがおられました。

写真右は、国際交流協会会長の森 匤伯様御夫妻、和佐父区長の森 紀价様御夫妻です。

福岡区長の西田修様のあいさつです。

来賓の香美町長 長瀬幸夫様のあいさつです。

夏の夜の鎮守の森の癒しのコンサート会場です。


兵庫県立村岡高等学校の吹奏楽部の演奏です。

兵庫県アンサンブルコンテスト金賞受賞や、但馬青少年文化奨励賞を受賞しています。

迫力のある演奏です。


本格的です!すごい!凄い!!
村岡高等学校ブラスバンド



COLLABO煌玲」(こらぼこうれい)
榊原朋子さんのキーボードは笛とあわせて演奏されます。和と洋の音色は幻想的でした。

出口煌玲さんの龍笛・篠笛です。雅楽演奏を楽しめました。

牧桃子さんの笛やキーボードに合わせて祈りの舞いなどが演じられました。

藤 慶哉さんの力強い太鼓の重低音と笛の音に加え、キーボードの音は溶け込んでいました。

美しい音楽にふれ、心が豊かになった一夜でした。



ハチ北高原スキー場 よなごや(米子屋)
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

グラミー賞 日本人5人目は?2010年12月03日

12月1日グラミー賞のノミネートの発表がありました。
B’z(ビーズ)のギタリスト松本孝弘、が米ギタリストのラリー・カールトンと共演したアルバム
『TAKEYOURPICK』が、“ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・アルバム部門”でノミネート
され注目を集めているようです。
グラミー賞授賞式は、2011年2月13日(日)(日本時間2月14日(月))、米ロサンゼルスにて
行なわれる予定ですが、日本人5人目の受賞が楽しみです。


日本人のグラミー賞受賞者
1人目:1987年第29回の石岡瑛子さん
    (グラフィックデザイナーで最優秀アルバム・パッケージ部門で受賞)

2人目:1989年第31回の坂本龍一さん
    (ミュージシャンで最優秀映画/音楽部門で受賞)

3人目:2001年第43回の喜多郎さん
    (シンセサイザー奏者で最優秀ニューエイジ・アルバム部門で受賞)

4人目:2008年第50回の中村浩二さん(同級生です。)
    (太鼓奏者、ポールウインターさんと共演・最優秀ニューエイジ・アルバム部門で受賞)

5人目:2011年第53回は・・・?


グラミー賞を受賞した
「ポール・ウインター・コンソート」のアルバム「Crestone」 クレストンCD。
ポールウインター グラミー賞CD

同級生で、2008年に「ポール・ウインター・コンソート」のアルバム「Crestone」の共演で、
グラミー賞を受賞した太鼓奏者、中村浩二さんとの食事会を以前にもブログで紹介していますが、
あらためて、この時期に再度紹介します。


中村浩二さんの母校である兵庫県美方郡香美町村岡区の兎塚中学校が統合することとなり、
2008年11月2日兎塚中学校統合記念行事(過去のブログ)で、卒業生として特別講演をお願いしました。
グラミー賞 太鼓奏者 中村浩二

今は廃校となっています。
統合前で廃校前の兎塚中学校

記念事業では校区の方々がお越しになり、校歌を斉唱しました。
兎塚中学校閉校式

当時、兎塚中学校のPTA会長をしていたので挨拶をしました。(その時の原稿です)
兎塚中学校 記念行事あいさつ文書


兎塚中学校卒業生、グラミー賞太鼓奏者中村浩二さんの特別講演。
ポールウインターさんと共演した時の様子を話されました。
ポールウインターさんを称える

会場に、ご夫婦和服姿で出席されたようです。
喜多郎さんもノミネートされて会場にお越しになられていたようです。
グラミー賞受賞者中村浩二さん

講演の後は、迫力ある太鼓演奏をしていただきました。
グラミー賞太鼓奏者中村浩二さん

重厚な太鼓の音色。
校舎には、感謝の「魂の響き」が轟いていました!
グラミー賞太鼓奏者中村浩二さん

PTA役員の方々が来場者された方へ特製のお汁を食べていただきました。
最後の伝統ある「うちゅう鍋(兎中鍋)」です。
宇宙の星の数ほど具が沢山入っています。
兎中鍋

グラミー賞受賞者の太鼓奏者中村浩二さんに、
兎塚中学校の最後を盛り上げていただき、
有終の美を飾っていただきました。
ほんとうにありがとうございました。
兎塚中学校

過去に本部ログに掲載していたグラミー賞受賞の太鼓奏者、中村浩二さんの記事を
をテレビ局の方が見られて、今日、電話を頂戴しました。

日本テレビから中村浩二さんについての問い合わせでした。
とても、驚きました。
東京のテレビ局の方の目にとまり、
お問い合わせを頂くとは、
ありがたいことですね。


ハチ北 よなごや
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm

八幡山芸術祭2010年08月28日

香美町村岡区福岡にある八幡山公園で、第16回「鎮守の森のコンサート」が開催されました。

「なんたん吹奏楽団」のみなさんによる和やかな演奏と、和池地区の祭りの太鼓「練り込み」の演奏が行われました。

最後に民謡をもとにした伸びのある歌声「清水彩月」さんの三味線や、ちんどん太鼓の演奏による歌が、夏の夜の鎮守の森に響きわたっていました。



八幡山公園での芸術祭。
八幡山公園

なんたん吹奏楽団の皆さん。
なんたん吹奏楽団


和池地区の練りこみ(秋祭りの奉納太鼓)
和池地区の練りこみ



清水彩月楽団の皆さん。
楽団

清水彩月楽団

ハチ北高原スキー場 よなごや
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm



グラミ賞ーの同級生と食事会!2010年02月17日

アメリカにいる太鼓奏者の中村浩二さん(同級生)が、2008年にポールウインターさんと共演したCDクレストンがグラミー賞を受賞したので、母校兎塚中学校の統合前の記念事業として講演と太鼓演奏をして頂きました。

クレストンCD ポールウインター

残響音を追い求め、重い機材を馬に積み、コロラドの標高3600mの山を7時間かけて登り、レコーディング。一週間のテント生活をおくった。「美しい音楽を作りたい」というポールウインターさんと中村浩二さんの情熱で完成したCDアルバムです。

兎塚中学校統合 記念講演 グラミー賞太鼓奏者

2008年11月2日の記念講演の様子です。

グラミショー受賞の 「中村浩二」 太鼓奏者


今回、久しぶりに帰国するとのことで、食事会をしました。
メンバーは本人と奥さん、そして日本の大学にいる娘さん。こちらは、高校の恩師である上田先生と、同級生の才田さん(中学校の教頭)です。

奥さんよりアメリカ男性は妻にとても優しくしており、夫もアメリカに行ってからとても優しくなったとのことでした。
娘さんは、アメリカの学校では盗難やいじめ、人種差別がありとても辛かったようですが、自分が変われば良いことに気づき、休むことなく学校に通ったようです。

日本の文化と違うアメリカの話を聞くに付け、自分もアメリカ男性のようになり、熟年離婚とならないよう「変わらなければ」と気づを与えていただいた食事会でした・・・・。チェンジ!
グラミー賞の同級生

香美町村岡区 喫茶店「森ちゃんの隠れ家」さんの後、小代区 料亭「三日月」さんで食事会。

ハチ北高原スキー場 よなごや(米子屋)HP
http://www.ne.jp/asahi/tajima/yonagoya/index.htm